前へ
次へ

喪服が無い、葬儀マナーにおける対応について

葬儀マナーとして、最も大切なのは、服装が挙げられるのではないでしょうか。一度も葬式に参加したことがない人にとって、喪服そのものが手元に持ち合わせていない場合もあるでしょう。特に若い人は、他人に関心が薄い人も多く、割合として喪服を持ち合わせていない人も多いでしょう。葬式には、お通夜と、別れを告げる告別式が存在します。お通夜の本来の意味は、亡くなった人の魂と親族が、一夜を共にする意味があります。現在においては、親しい人が駆けつける、最後の姿を見届ける意味があるでしょう。お通夜における葬儀マナーとしては、平服でも問題はありません。着替えもせず、早く駆け付ける意味合いもあるためです。ただし、翌日などに行われる告別式は、喪服で足を運ぶのが葬儀マナーです。午後からであれば、午前中に、喪服を買いに出かけられる場合もあるでしょう。どうしても用意できない場合は、少々高くつきますが、葬儀屋がレンタルを行っています。喪服による葬儀マナーは、社会のマナーの基本であり、いつでも着用できる様に備えておくのも大切です。

Page Top