前へ
次へ

葬儀マナーで大切な正式礼装と準礼装の違い

葬儀マナーとしてお葬式に着ていく服は、しっかりと意識していく事が大切です。お葬式には正式礼装で参列する事が、葬儀マナーで重要な事になってきます。ただ時代の変化で正式礼装の姿が少しずつ変化しており、男性の場合はブラック系のスーツにシャツを白の無地にし、ネクタイを黒くすれば、正式礼装として認められます。女性の場合は、通夜に洋装の正式礼装を着用して、お葬式と告別式で和装の正式礼装にするのが、一般的でしたが、時代の変化で全て洋装で参加しても問題ありません。女性の場合も黒で統一した洋装を選択する事が大切です。また男性と女性の両方に該当する葬儀マナーとして、派手なアクセサリーを控える事と時計等も外した方がいいです。正式礼装と別に準礼装も存在しますが、準礼装は正式礼装よりも流行を取り入れたスーツが該当してきますが、故人と親しい仲であれば、準礼装を着用しても問題ないです。またスーツを持っていなく、急な訃報の時には、黒等の地味目な服を着用すれば大丈夫ですが、サンダル等を履いていくのは流石に葬儀マナーに反するので、気を付けた方がいいです。

Page Top