前へ
次へ

葬儀マナー、言葉の意味を理解して

葬儀マナーの言葉として、よくご愁傷様の言葉が扱われる場合もあります。言葉の意味は、悲しい気持ちがよくわかるものであり、気の毒な意味があります。そのため、親族に対しては出来るだけそっとしておいた方が望ましく、あまり話しかけない方が無難です。葬儀マナーの言葉として、理解していない人の中には、悲しんでいる状況で勇気を投げかける人もいるでしょう。時と場合によっては、親族との話をする状況も現れるかもしれません。葬儀マナーの言葉は、生死を想起させる言葉はできるだけ控えましょう。例えば、生きている間の言葉は望ましくなく、生前や、元気な頃だと言葉を変えるのも大切です。葬儀マナーの言葉に疎い人は、よくある話として、まだまだ生きられたのでは、早すぎる、言葉を使う人も多いでしょう。この言葉は、希望としての意味合いが強く、叶わない状況としての負担を親族に強く与えかねません。この場合は、もっと、に置きかえ、十分に生きてきた気持ちを親族に感じてもらうのも大切です。

Page Top