前へ
次へ

服装の葬儀マナーとは

葬儀における服装のマナーというのは正式な喪服を着るということになるわけですが通夜においては喪服は着用しないのが昔は普通でした。しかし、今では通夜でも服を着るということがほとんどになっていますから葬儀マナーとして変わったこととして理解している人も多いでしょう。このように葬儀マナーというのは時代によってかなり変わってくるということもあります。例えば基本的にはアクセサリーは駄目でしたが、それでも女性の場合は真珠ならばよいと言うことがあったり、男性では東経ぐらいであれば問題はないだろうと言われていたりと割とその人がどのくらいの範疇を認めるのかということでマナーと称されていることもあったりします。神式であるのかキリスト教式であるのかは仏式であるのかといったような違いなどもあったりするのでそれに合わせるようにすれば問題はないでしょう。マナーというのは厳格な決まりではないので常識的な範疇で動けば大丈夫なことが多いです。

Page Top