前へ
次へ

葬儀マナーとして心得ておきましょう

一度も葬儀に参加したことが無い人にとって、葬儀に香典を持っていった時に難という言葉を言えば良いのか、悩んでしまう人は少なくありません。何度も葬儀に参加したことがある人なら、すぐに言葉に出てくるものも、一度も葬儀に出たことが無かったら、やはり言葉が出てきません。葬儀マナーとして押さえておきたいのが、香典を渡す時に述べる言葉です。言葉が何も出てこなかったら失礼にあたりますし、適当な言葉を伝えてしまったらそれはそれで失礼に当たります。さて、葬儀マナーとして大切な香典を渡す時のお悔やみの言葉ですが、仏教の場合とキリスト教の場合では言葉も違ってきます。仏教の場合であれば、この度は誠にご愁傷様です。心からお悔やみ申し上げますというのが一般的です。一方で着るスト教の場合は、安らかなお眠りをお祈り申し上げますという言葉になります。また、忌み言葉も十分気を付けるようにしましょう。これも頭の中に入れておく必要があります。

Page Top