前へ
次へ

男性用靴の葬儀マナー

男性がお葬式に参列する際にはく靴は、黒いカラーを選ぶのが葬儀マナーです。こげ茶など暗いカラーであれば問題ないと考える人もいるかもしれませんが、やはりフォーマルな場であるため黒を選びましょう。葬儀にはいていても問題ない靴のデザインとしてビジネスシューズが挙げられますが、ビジネスシューズのデザインもバリエーションが豊富です。場合によっては葬儀マナーNGとなるケースもあります。つま先に1本線が入った「ストレートチップ」または、何も線の入っていない「プレーントゥ」のデザインであれば問題ありません。さらに葬儀マナーを考えるのであれば、内羽根タイプが良いとされています。外羽根タイプはカジュアルな印象を与えてしまうため、お葬式にはく靴としてはマナー違反です。この他に紐のないデザインのスリッポンタイプや、金具が装飾されたビットシューズ、ローファーといったデザインも、カジュアルな雰囲気があるのでNGとされています。

Page Top